引越し 段取り 準備

引っ越しの荷物の仕分け

引越し作業はやることがいっぱいあります。
引越しが決まったらまずは段取りを頭に入れて、スケジュール作りから始めましょう。

 

スケジュールを組んでチェックしながら作業を進めることで、作業効率は大幅にUPして無駄がなくなります。
余裕を持てるため引越しセンターや買取り業者に対する価格交渉力も上がりますし、
何より、最後にバタバタせずに済むと思えば、ストレスも最低限に抑えることができます!

 

引越し日から逆算して、1ヶ月以上前には動き始めるのが望ましいです。

引越し準備:スケジュール作成

引越しの大枠のスケジュールを作成します。
といっても、単身でも家族でも、引越し作業のスケジュールはどなたでもほぼ同じになります。
引越しで違うのは荷物量や距離など条件です。

 

スケジュールの作り方

 

まず、作業の混乱を防ぐために、スケジュールの内容を2つに分けて作ります。1つは実際の引越し作業に伴うスケジュール、もう一つは届出などのスケジュールです。
こちらでは引越し作業に伴うスケジュールをまとめています。引越しの届出に関するスケジュールは、ポイント3 引越し届出リストをご参考ください。

 

引越し作業日から逆算して考えます。
 ●引越し関連
    2.荷造り・段ボール梱包・・・約2週間、
          ↑
    1.引越センター・引越業者見積もり〜契約・・・約1週間
 ●不用品の処分
    3.粗大ゴミ申し込み〜処分・・・約2週間
          ↑
    2.リサイクルショップの買取・・・約3日〜1週間
          ↑
    1.特定品の高額買取・・・約1〜2週間

 

しっかりと節約しようとすると、不用品の処分に時間がかかるため、約1ヶ月前から計画をする必要があります。

 

※不用品を優先して処分した方が、部屋にスペースも生まれるし、整然とするため、引越し作業が進めやすくなります。

※引越し・移動の多い2月・3月・4月は引越し業者や引越し先とのスケジュール調整も必要になるため注意してください。

引っ越しの荷物の仕分け

スケジュールを作成したら、新生活に必要なものと不要なものを決めます。
不用品は先に処理しないと、荷物もまとまらないし、遅くなって処分が間に合わなくなってしまうこともあります。
大きいものから順に、新しい引越し先に持っていくかどうか決めてしまいましょう。
また、迷うものはとりあえず、持っていくことにしておき、見積もりを取りながら最終的にどうするか判断しましょう。