引越し 段取り

引越し日までの作業

ファーストステップで計画の作成を終えたら、次は実際の作業を進めていくことになります。チャキチャキと進めましょう。。

 

引越し日までの作業として、
●引越しの準備
   ・・・引越し費用の決定〜梱包作業
●不用品の処分
   ・・・不用品の売却〜処分
●その他細かいこと
   ・・・引越し先の清掃・当日準備しておくモノ

 

を説明しています。

引っ越しの準備

引越し費用を見積もりながら、荷造り量を決める

 

仕分け作業が一通り終わり、引越し先に持っていくものがだいたい決まったら、引越し費用がどれくらいかかるか見積もってみます。
見積もりはインターネットで無料の一括見積もりがあります。入力も1分程度で終わるので、まず見積もってみましょう。

 

引越し業者えらび

 

見積もりが返ってきたら、先ほどの仕分けで悩んだものをどうするか決めていきましょう。
見積もりは複数の引越しセンターから届きますので、自分の引越し条件に合った引越し業者さんを選びましょう。
引越し費用を安くするために、「ポイント2 引越し料金の交渉術」に見積もりのとり方を詳しく説明していますので参考にしてください。

 

引越し業者さん選びで、見積もりを使ってうまく交渉し、引越費用を節約するためには、計画策定からここまでで約2週間前後かかります。

 

荷造り・梱包作業

 

引越し業者が決まったら、荷物の梱包作業に入ります。
どうしても時間が無い場合には、オプションサービスで引越し業者さんにお願いすることもできますが、節約したければ、自分で梱包しましょう。その方が後で、どこに何が入っているか分かり、引越し先での作業が効率的です。

 

段ボールは引越し業者(訪問見積もりの際に段ボールを置いて行ってくれる・段ボールを使うと契約したと見なされるので注意!)か、自分でスーパーやドラッグストアから調達してきましょう。
段ボールはなるべく同じ大きさに揃えましょう。大きすぎると重くて危ないし、小さすぎると運ぶ回数が多くなり時間がかかります。また、段ボールによってはニオイがきついモノ(ネギの箱など・・・)もあるので自分で調達するときは注意してください。
また、荷造り作業を一気にやるか、コツコツやるかは人により様々なようです。

不用品の処分

新生活に不要なモノは
 ・実家に預ける
 ・近所の親戚・友人に預ける
 ・処分する
 ・貸し倉庫に預ける
の選択肢があります。ここでは、不要なモノの処分を考えます。

 

処分する場合は、段取りで多少時間はかかりますが、買取りサービスを使うことで、引越し全体の費用を少なくできる可能性があります。詳細は「ポイント2 不用品買取の節約術」で説明しています。

 

不用品処分の作業は荷造り・梱包より優先して先に進めてください。買取り査定などで時間が多少かかりますし、不用品を早く処分することで、梱包・荷造り作業がやりやすくなります。

細かいけど引っ越しの段取りで大切な当日までにチェックすること

そのほか、細かいですが、当日までにチェックすることです。

 

引越し先の室内の状態をチェック

 

引越しの梱包作業に夢中になって忘れてしまいがちなのが引っ越し先のことです。
 ・引越し先は清掃されているか?
 ・引越し先の鍵は入手しているか?
 ・自分(や家族)の移動手段を確保しているか?
引越し日までにかならずチェックしておきましょうね。

 

引越し日当日に準備しておくもの

 

引越しの日に準備しておいたほうがいいものは
 ・軍手・マスク・テープ/紐の予備
 ・友人に手伝ってもらうのなら、お茶や差し入れ
また、遠距離での引越しの場合には、引越しの日に退去先の引渡しもすると思いますので、事前に大家さんと調整しておきましょう。