引越し 不用品 処分

引越しで不要になったモノはどうする?

いきなり捨てるのは時間がある限りNGです(エコでもないし、勿体無い・・・)!
不要なモノは
 ・実家に預ける
 ・近くの親戚・友人に預ける
 ・売る(買取りサービスを利用)
 ・レンタルスペースを利用
 ・捨てる
という選択肢があります。ここでは、引越し費用全体の節約につながる買取りサービスの利用を考えていきます。

 

不用品処分の費用を抑えるには、
 (1)売れるものは売る
 (2)売れないものでもタダで処分してもらう
 (3)どうしても駄目なものだけ処分
の順番でいきましょう。
多少時間はかかりますが、引越し全体の費用を安くできますし、思った以上の値段で売却できることもあります!

引越し前に少しでも高く売るための工夫

処分の仕方・順番にもポイントがあります。
ページの一番最後に目的別の便利サイトを一覧にしています。

 

1番目:時間・手続きのかかるクルマ・バイクから

 

クルマ・バイクを売るのは、買取り査定〜所有権移転手続きと時間がかかってしまいます。最短でも1週間は必要です。余裕を持って交渉などするためにも、一番初めに手続きしましょう。

 

2番目:特定品の高価買取は専門店を使う

 

特定ジャンルの高額買取りサービスを使います。専門性の高いものや決まったものしか買い取ってくれないところから持って行きます。大手買取り業者はインターネットで査定・回収可能なところが出始めています。まずはもう使わなくなった/古くなったブランド品やデジタル家電など、特定のジャンルを高く買い取ってくれる買取り業者に査定を出しましょう。査定の結果、売るのをやめてもOKなので、悩んだら判断材料に査定を使いましょう。
 ・使っていないブランド品など
 ・デジタル家電や楽器など
 ・パソコンなど

 

3番目:まとめてリサイクルショップの一括査定

 

次に、いわゆるリサイクルショップ・不用品回収の一括買取りサービスに買取依頼を出します。こちらは上の特定ショップほど高く買い取ってはくれませんが、特定ショップで買取りしないもの(例:タンス・食器棚・冷蔵庫・洗濯機・TV・・・)でも買い取ってくれる可能性があります。金額はそんなに高くはなりませんが1品から買取り可能の場合もあり、有料ゴミとして処分するよりは断然おトクです。
 ・リサイクルショップ

 

4番目:最終手段は近所のリサイクルショップ

 

それでも駄目なものはダメモトで、近所のリサイクルショップの人に見てもらいましょう。電話すると見に来てくれます。照明器具やチェストなどを買い取ってもらうことにして、粗大ゴミになると困るものもついでに聞いてみましょう。場合によってはタダで持っていって処分してくれることがあります。
※無料の引き取りだけというのは難しいので、照明器具や本棚など、リサイクルショップが(安くても)買ってくれそうなものを見に来てもらい、最後に無料引取りを交渉しましょう。
「○×市 リサイクルショップ」などで検索してみましょう。

 

最後は粗大ゴミ回収

 

それでも最後に残ったものは自身で責任を持って処分しましょうね。粗大ゴミであれば、公共の粗大ゴミ回収がおそらく最も安くおすすめです。粗大ゴミは届出が必要で、回収日が決まっていたりしますので、早めにゴミの届出をしましょう。
ご参考で、各目的別の参考サイトを一覧にしておきます。